2024年05月21日

消えた子供 トールオークスの秘密

2017年英国推理作家協会(CWA)新人賞受賞
クリス・ウィタカー 著
峯村利哉 訳 「TALL OAKS」
カバーイラスト 亀谷哲也

<あらすじ>
全米でも犯罪発生率が最低の部類に入る小さな町トールオークス。殆どの町民は裕福な階層に属しており、守るべき家名を背負っている。
ある嵐の晩、地階にある子供部屋にひとりで寝かせていた3歳の息子ハリーが、忽然と消えた。
子供部屋には、最新型の赤ちゃんモニターが設置されていた。シングルマザーのジェスによれば、ハリーがいなくなる直前、そのモニターから彼女の名前を呼ぶ声が聞こえ、ピエロのマスクを被った男が息子の部屋にいたと言う。
鑑識班が子供部屋を捜索すると、ピエロのものと思われる緑色の毛が発見された。町民総出で子供を探したが、見つからなかった。拉致犯からの電話も無かった。警察は手掛かりすら掴めなかった。
ハリーが攫われてから3か月が経過し、町民の間で事件への関心が薄れ始める。
そうした中ジェスは、被害者の母親として警察署に足繫く通い、事件が忘れ去られないよう奮闘していた。そして警察署長ジム・ヤングも、手掛かりを求めて捜査を続けていた。
やがて、住民たちそれぞれが抱えている秘密が明らかになって行く・・・

<感想>
本筋である事件をそっちのけにして、ギャング気取りの男子高校生とその家族、写真館の男性店員とその母親、表面上は似合いであるジェスの叔母夫婦など、トールオークスの町民をユーモアとウイットの利いた筆致で描き、楽しく読ませる。しかもそこには事件解決の伏線が散りばめられていた。
次第に明らかになる住民たちの秘密、ジェスとジムの関係、フォードの販売員ジャレッドを巡る騒動の顛末、恐ろしい真相などが相まって、凄く面白いミステリだと思う。それに毒のある母親の看護をしていた巨漢が、最後に報われてほっとした。
しかし、ジムの暴力行使は行き過ぎだと思う。看過できないな。
満足度 4.gif


posted by ももた at 08:58| 東京 ☀| Comment(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月17日

嵐にも負けず

〈ワニ町〉シリーズ F
ジャナ・デリオン 著
島村浩子 訳 「HURRICANE FORCE」
カバーイラスト 松島由林

<あらすじ>
アメリカ南部の湿地帯の町シンフル。アイダ・ベルとガーティの天敵シーリアが、新町長に就任したせいで、町はいまだ落ち着かない。
月曜日の朝、20年以上も行方を晦ましていたシーリアの夫で、自称画家の負け犬だったマックスがカフェに現われた。
フォーチュンたちがシーリアとマックスの対決を見物していると、マックスはパンジーが実の娘ではないと宣言した。
その直後シーリアは雑貨店へ行き、ショットガンの弾をひと箱買った。
そんな中、ハリケーンが襲来した。フォーチュンたちが教会に避難していると、突風が大量の高額紙幣を運んできた。その騒動の最中、CIAでコンビを組んでいたハリソンから電話があり、武器商人アーマドがシンフルに向かっている可能性が出てきた。
そしてハリケーンが通り過ぎた後、ショットガンで撃ち殺されたマックスの遺体が、シーリアの家で見つかった。フォーチュンは、またしても事件にどっぷり浸かる羽目になる・・・

<感想>
軽快なリズムでストーリーが展開し、爆笑もののエピソードも満載だ。
そしてフォーチュンが、いつになく凄腕のCIA秘密工作員らしく見える。丁度良い塩梅でロマンスもあり、楽しくて仕方がない。
憂さ晴らしに持って来いの、凄く面白いコージーミステリだと思う。
本作にてカーターは、アイダ・ベルとガーティの軍歴とフォーチュンの正体も知った。続編が楽しみでならない。
満足度 5.gif


posted by ももた at 08:55| 東京 ☀| Comment(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月15日

アガサ・レーズンとけむたい花嫁

英国ちいさな村の謎 S
M・C・ビートン 著
羽田詩津子 訳 「There Goes the Bride」
カバーイラスト 浦本典子

<あらすじ>
探偵助手だった若いトニ・ギルモアが、自分の探偵事務所を開いてアガサから独立した。元部下で現在は大学生のハリー・ビームが、資金援助をしたのだ。
更に元夫のジェームズ・レイシーが、若く美しいフェリシティと結婚することになった。ジェームズの婚約パーティーで出会ったフランス人、シルヴァン・デュポアに電話すると、彼はアガサによそよそしかった。
そこでアガサは、戦場跡のガイド本を書こうとしているジェームズを見返してやろうと考え、クリミア戦争の戦場跡を訪れた。
ところが、行く先々でジェームズとフェリシティを見かける。アガサは家に戻り、仕事に復帰すると、ジェームズに対する執着心が消えた。
一方ジェームズは、この結婚に不安を覚えていた。結婚から逃げたいとアガサに打ち明けると、「花嫁を撃ち殺したら?」と言われた。
そしてアガサは、フェリシティからストーカーの疑いをかけられた。
結婚式当日、フェリシティがウェディングドレス姿のまま自宅で何者かに撃ち殺された。警察は嫉妬に駆られたアガサと、結婚が嫌になったジェームズの共謀を疑うが、馬鹿げた帽子のおかげでアガサの容疑は晴れた。
そんなアガサは、フェリシティの母親から犯人捜しを依頼される・・・

<感想>
50代前半のアガサは年齢のことで不安になっていて、若く美しくて優秀なトニに嫉妬している。極度の負けず嫌いのため、自分の優秀さを証明しようとして何度も死体に出くわし、死にかける。
そして、ジェームズは兄のような存在になってしまい、チャールズは好きな時にアガサの人生にやって来ては去って行くし、ロイはたまに訪ねて来るだけだ。愛を求めるアガサは、自分だけの男性が欲しくて高級結婚紹介所に登録して騙される。
また、寂しがり屋でもあるので、予定のない週末や孤独に耐えられない。甘い言葉や罠にやすやすと嵌ってしまい、友人たちに助けてもらう。
ヘマばかりして意気消沈し、自信を失って誰にも必要とされていないと勝手に思い込んだ挙句、引退宣言してしまう。
公私共に最後まで目が離せない展開になっており、とても面白いコージーミステリだと思う。次作『アガサ・レーズンと告げ口男の死』が楽しみだな。
満足度 5.gif


posted by ももた at 08:42| 東京 ☀| Comment(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読んだ本の紹介と感想、評価を書きました。