2023年01月27日

炎の爪痕

ジミー・ペレス警部シリーズ G 完結編
アン・クリーヴス 著
玉木亨 訳 「WILD FIRE」
カバーイラスト 松田真由美

<あらすじ>
英国シェトランド本島の北側にある集落デルタネス。
ロンドンから家族と共に移住してきたヘレナ・フレミングは、農場の前の持ち主デニス・ギアが納屋で首吊り自殺して以来、誰かが家に侵入して奇妙な絵が描かれている紙片を残していくことに悩まされていた。
また、建築家の夫ダニエルは鬱病を抱えており、11歳の息子クリストファーは自閉症スペクトラム障害だった。フレミング一家は、地元住民の悪意ある噂話の標的になっていた。
そこでヘレナは、非番のペレス警部の家を訪ねて非公式に相談する。
その翌日、クリストファーが、納屋で若い女性の首吊り死体を発見した。
現場の光景は、家に匿名で届けられた絵にそっくりだった。首吊り死体は、ロバート・モンクリーフ医師一家の住み込みの子守りエマ・シアラーだった。
首吊り死体発見直後に現場に駆け付けたペレスは、自殺に見せかけた他殺だと確信する。インヴァネス署の主任警部ウィロー・リーヴズに来てもらい、部下のサンディ・ウィルソン刑事と共に捜査に当たるが・・・

<感想>
ペレスたちが捜査するのは、暴力に付き纏われていた若い女性と、嫉妬や妬みから逃れられなかった中高年女性の殺害事件。被害者と加害者と事件関係者の家族の問題が明らかになって行く。シェトランド諸島の風土と登場人物たちの心理を丁寧に描いており、味わい深く読み応えがあった。
巧妙なプロットと伏線が相まって、凄く面白い本格的な英国ミステリだと思う。
そして本書は、CWA最優秀長編賞受賞作『大鴉の啼く冬』から始まった本格ミステリ・シリーズの最終巻である。当初は、画家フラン・ハンターが主人公だった。それが第4作目で殺害されてしまい、衝撃を受けた。本書でもそのことに言及しているが、完結してみれば、しっかりジミー・ペレス警部シリーズになっている。その人間ドラマも面白いシリーズ物だと思う。シリーズ完結は残念でならない。
満足度 5.gif



人気ブログランキング
『軋み』   『ゴールドマン家の悲劇』
  


人気ブログランキング
posted by ももた at 10:44| 東京 ☀| Comment(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月23日

ダーク・アワーズ

ハリー・ボッシュ・シリーズ ㉔
(バラード&ボッシュ物 B)

マイクル・コナリー 著
古沢嘉通 訳 「THE DARK HOURS」

<あらすじ>
2020年12月、ロサンジェルス。ハリウッド分署深夜勤務担当刑事レイネ・バラードは、感謝祭の夜とクリスマス・イブに発生した自宅侵入レイプ事件を解決すべく、2人組の連続暴行犯(ミッドナイト・メン)を追っていた。
大晦日恒例のロス市警署員総動員での警戒体制の一環として、高架交差路の下で待機していたとき、発砲事件が発生する。
事件現場は、新年を祝うパーティーが行なわれていた自動車修理店のレッカー車置き場。参加者の一部が年越しのカウントダウンの後で銃を空に向かって撃ったタイミングに合わせて、オーナーであるハビエル・ラファが後頭部を至近距離から射撃されて死んだ。ラファは大金を払って足を洗った元ギャングだった。
殺害に使用された薬莢を調べたところ、10年前の未解決事件で同じ銃が使われていた。ロス市警本部の強盗殺人課が担当した事件であり、捜査責任者は現役時代のハリー・ボッシュだった。バラードは、またしてもボッシュと関わることになる。
一方、ミッドナイト・メンも同夜に3件目の自宅侵入レイプ事件を起こしていた。バラードはボッシュの協力を得て、両方の事件を追うが・・・

<感想>
ブラック・ライヴズ・マター運動(黒人の命を軽視するな)の逆風とコロナ禍を背景に、ボスとの内部抗争に敗れて夜勤に追放された刑事レイネ・バラードの奮闘を描いており、凄く面白い警察小説だと思う。
射殺事件が多重殺人事件へ発展して行き、バラードは容疑者の身元を突き止めたものの、捜査から外される。そして自宅侵入レイプ事件では同僚に足を引っ張られ、バラードは窮地に追い込まれる。ボッシュはサポートするだけだった。
ボッシュはある事件で被爆して、12年後に白血病になった。薬を服用して進行を食い止めている。本文中、このことについて2度も触れていて気になった。訳者あとがきによれば、次作『Desert Star』は本書の直接の続編で、衝撃的な内容らしい。待ち遠しくてならない。
満足度 4.gif

   


人気ブログランキング
ラーシュ・ケプレル『鏡の男』
   

カリン・スローター 『忘れられた少女』
   


人気ブログランキング
posted by ももた at 09:12| 東京 ☁| Comment(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月18日

犬を盗む

佐藤青南 著
装画 伊藤彰剛

<あらすじ>
東京都世田谷区の高級住宅地で、独り暮らしの老女・木戸タカ子が殺害された。
被害者自ら家に招き入れたと思われる犯人は、財布から現金を抜き出し、通帳やキャッシュカードを持ち去っていた。家のあちこちに飼い犬の痕跡があるが、被害者の愛犬は1年前に死んでいた。被害者の家は世田谷区に多くの不動産を所有する資産家一族の本家だったが、気難しい性格のタカ子は夫が死んでから親族と疎遠になっており、近隣住民との交流もなかった。
犬嫌いの刑事・植村光太郎とその相棒である青年刑事・下山正大は、顔見知りの犯行と睨み、犬を媒介にした友人関係を洗う。
捜査を進めると、愛犬を亡くした木戸タカ子は、多頭飼育崩壊した男から先代犬と同じ犬種のチワワを盗んでいた。
一方、借金取りに追われているフリーライター・鶴崎猛は、スクープをモノにするためコンビニで深夜勤務のアルバイトを始めた。
同じシフトで働く松本博巳は、未成年のとき両親と飼い犬を金属バットで殴り殺した周防彰史だった。
独占インタビューを取りたい鶴崎は、彼が保護所からチワワを引き取りシロと名付けて飼い始めたと知り、強引に犬の散歩を買って出る。そしてトイプードルを飼っているミステリ作家の小野寺真希と出会い、シロの飼い主が松本だと教えた。
真希はシロに見覚えがあり、飼い主も知っていた。シロは盗まれた犬だと確信し、彼らのバイト先であるコンビニへ行くと、周防彰史が松本と名前を変えて働いていた。義憤に駆られた真希は、インターネットの日本猟奇事件マップの掲示板に「周防が都内のコンビニで働いているのを見た」と投稿してしまう。
しかし鶴崎は、4か月近く潜入調査をしていくうち、周防彰史は無実ではないかと思い始めていた・・・

<感想>
資産家老女殺人事件が放火事件へ発展して行く。
愛犬家と人間の多面性を描いており、多頭飼育崩壊と保護犬、16年前の金属バット殴殺事件の真実、真犯人の意外性などが相まって、とても面白いミステリだと思う。
そして、因果応報という言葉がぴったりな決着だと思った。
満足度 3.gif



人気ブログランキング
川瀬七緒『四日間家族』秋吉理香子『終活中毒』寺地はるな『カレーの時間』
  


人気ブログランキング
posted by ももた at 09:44| 東京 ☁| Comment(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読んだ本の紹介と感想、評価を書きました。