2022年06月16日

大河への道


人気ブログランキング
原作 立川志の輔
監督 中西健二
脚本 森下佳子
主題歌 玉置浩二 「星路(みち)」
出演 中井貴一 松山ケンイチ 北川景子 橋爪功
岸井ゆきの 和田正人 田中美央 溝口琢矢
平田満 西村まさ彦 草刈正雄 立川志の輔

<あらすじ>
ある日、千葉県香取市役所の総務課に勤める池本保治は、観光振興策を検討する会議で意見を求められた。そこで苦し紛れに、日本で初めて精密な全国地図を作った郷土の偉人、伊能忠敬を主人公とする大河ドラマの実現を提案する。
その提案が採用され、池本は大河ドラマの開発プロジェクトを任された。
ところが企画を進めて行くと、伊能忠敬は地図完成の3年前に亡くなっていたという驚愕の事実が発覚する。
200年前の日本地図完成という偉業の裏には、伊能忠敬の遺志を継いだ弟子たち伊能隊が命を懸けて取り組んだ、一世一代の隠密作戦があった・・・

<感想>
主演の中井貴一、松山ケンイチや北川景子らキャストがそれぞれ1人2役を務め、香取市役所を舞台にした現代劇と、江戸の下町を舞台にした伊能隊の隠密作戦を交互に描き、笑いと涙と感動が相俟って最後まで面白く見せる。玉置浩二の主題歌も心に沁みる。
しかし、肝心の伊能忠敬について何も分からなかったな。時代劇がメインみたいで、香取市役所職員の大河ドラマ制作プロジェクトが霞んでしまった感がある。ウケ狙いのオチもシラケたな。
映画鑑賞中は面白いけれど、心に残るものがあまりないな。少し期待ハズレかな。
満足度 3.gif


posted by ももた at 09:04| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月14日

コンフィデンスマンJP 英雄編


人気ブログランキング
監督 田中亮
出演 長澤まさみ 小日向文世 東出昌大
瀬戸康史 小手伸也 松重豊 城田優
江口洋介 広末涼子 角野卓造 石黒賢

<あらすじ>
施設の子供を誘拐して有名な絵画をその取引に使う事件が発生した。インターポールの凄腕捜査官マルセル・真梨邑は、誘拐された少年を保護し、「ツチノコ」のカードを発見する。
今から100年ほど前の日本で、悪しき豪富から美術品を騙し取り、貧しい人々に分け与えた英雄がいて、「ツチノコ」と呼ばれていた。それ以来「ツチノコ」の称号は、当代随一の腕を持つコンフィデンスマンが受け継いできた。3代目ツチノコの継承者はまだいない。
その頃東京では、共に3代目ツチノコに師事したダー子、ボクちゃん、リチャードが、7日間で最も稼いだ者が勝ち、負けた者は勝者の言う事を絶対きくことが条件の真剣勝負を始めた。
3人が狙うのは、莫大な財を成して引退したスペイン人の元マフィア、ジャラール・ゴンザレスが所有する幻の古代ギリシャ彫刻「踊るビーナス」。
3人はそれぞれの手段でゴンザレスに近づくも、インターポールから極秘に「ツチノコ」逮捕を一任されたマルセル・真梨邑、日本から詐欺グループを追ってきた警察官の丹波、ダー子に恨みを持つマフィアのボスの赤星など、思わぬ邪魔が入る。
かくして、街全体が世界遺産に登録されているマルタの首都ヴァレッタで、騙し合いのバトルが勃発するが・・・

<感想>
本作の舞台は、地中海に浮かぶ世界遺産の島・マルタ島。ロケーションが素晴らしい。
そして、場面切り替えとストーリー展開のテンポが良く、とても楽しい。スクリーンに釘付けになった。
また、どんでん返しも見事だ。エンディング曲も良かった。痛快で凄く面白いコンゲーム映画だと思う。
それにワンシーンしか登場しない脇役も存在感があり、凄く豪華だと思う。亡くなった俳優・竹内結子と三浦春馬にも、ちゃんと心遣いがあって嬉しかったな。
前作『コンフィデンスマンJP プリンセス編』も傑作だったけど、本作はそれ以上に面白い。最高傑作だと思う。続編が楽しみでならない。
満足度 5.gif


posted by ももた at 09:35| 東京 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月29日

キャッシュトラック


人気ブログランキング
監督 ガイ・リッチー
音楽 クリストファー・ベンステッド
出演 ジェイソン・ステイサム スコット・イーストウッド ホルト・マッキャラニー 
ジェフリー・ドノヴァン アンディ・ガルシア エディ・マーサン ジョシュ・ハートネット

<あらすじ>
LAにある現金輸送専門の警備会社フォルティコ・セキュリティ社の現金輸送車(キャッシュトラック)が襲撃され、警備員と巻き添えになった民間人が死亡した。
5カ月後、パトリック・ヒルと名乗る男が、フォルティコ・セキュリティ社の警備員に応募する。パトリック・ヒルは特殊な訓練を受け、厳しい試験をぎりぎりの成績で合格し、新人警備員として雇われた。通称“H”となった男は、周りから特に気に留められる存在ではなかったが、キャッシュトラックが強盗に襲われて同僚が人質に取られた時、驚くほど高い戦闘スキルで強盗たちを撃退した。
その後、再びHの乗車するキャッシュトラックが強盗に襲われると、彼の顔を見た襲撃犯たちは金も奪わずに逃走した。
そんな中、アフガニスタン帰還兵の武装集団が、全米で最も現金が動く日、ブラック・フライデーにフォルティコ・セキュリティ社に集まる1億8千万ドルの大金を狙っていた。前回同様フォルティコ・セキュリティ社の内通者を従え、用意周到な強奪計画が進行していた・・・

<感想>
主演のジェイソン・ステイサムが、最後まで顰め面と憂いを崩さない非情な父親役を熱演している。脇役の演技も巧い。ほんの端役でさえ良い味を出している。
心に残るバックミュージックと、テンポが良く丁寧なストーリー展開に惹き付けられた。
最愛の息子を奪われた父親の壮絶な復讐劇を描いた、凄く面白いクライム・アクション映画だと思う。
満足度 5.gif



人気ブログランキング
エリック・ジェイガー『最後の決闘裁判』  ケイト・クイン『亡国のハントレス』
   


人気ブログランキング
posted by ももた at 10:08| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読んだ本の紹介と感想、評価を書きました。