2022年11月10日

収容所(ラーゲリ)から来た遺書

辺見じゅん 著
地図 高野橋康

<内容>
「プロローグ」 「1章 ウラルの日本人俘虜」
「2章 赤い寒波 マロース」 「3章 アムール句会」
「4章 祖国からの便り」 「5章 シベリアの「海鳴り」」
「エピローグ」 「あとがき 33年目に届いた遺書」

<感想>
ハバロフスクの強制収容所で昭和29年8月25日に死去した日本人俘虜・山本幡男氏を描いており、各地のラーゲリに吹き荒れたシベリア民主運動、苛酷な監獄生活、地獄谷と呼ばれる囚人ラーゲリの生活など、読み応えがあった。
そして過酷な状況にあっても希望を失わず、人間らしく生きようとした山本幡男氏に感動した。
また、危険を顧みず、彼の遺書を暗記して遺族に届けた方がいたことも凄いと思った。
シベリア抑留という史実を日本人は絶対に忘れていけないと思う。
満足度 5.gif



人気ブログランキング
平井美帆『ソ連兵へ差し出された娘たち』 上原卓『北海道を守った占守島の戦い』
   


人気ブログランキング
posted by ももた at 08:59| 東京 ☀| Comment(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

読んだ本の紹介と感想、評価を書きました。