2022年09月14日

妻はサバイバー

永田豊隆 著
装画 椎木彩子

<内容>
第1章 摂食障害の始まり 食べては吐く日々/予兆/私の部屋/自転車操業/M医師との出会い/精神医療の壁/異動、そして引っ越し」
第2章 精神科病院へ サラ金か離婚か/性被害/幻覚/仕事との両立/入院と隔離/貧困報道」
第3章 アルコール依存 依存の始まり/カウンセリング/解離とPTSD/よみがえる記憶/死を覚悟した夜/自助グループ/休職」
第4章 入院生活 依存症患者の家族/妄想/水中毒/セカンドオピニオン/酒ふたたび/転機」
第5章 見えてきたこと 新しい生活/社会の障壁/トラウマ/自己治療」

<感想>
著者は朝日新聞の記者。精神障害者の家族でいること、次々と発症する病などを客観的に書いておられるが、実情はもっと大変なのだろうな。普通ならば共倒れになる前に彼女を見捨て逃避し、自分の人生を取り戻すだろうな。
しかし著者は、妻が心を病んでから、全国版の一面トップに載る初めての独自記事を書いた。強靭な方だな。とても真似できないと思った。
読書中、何度も心が折れそうになり、気が滅入ったな。
満足度 3.gif



人気ブログランキング
手嶋龍一
『武漢コンフィデンシャル』 『ウルトラ・ダラー』 『スギハラ・サバイバル』
  


人気ブログランキング
posted by ももた at 08:36| 東京 ☁| Comment(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

読んだ本の紹介と感想、評価を書きました。