2017年07月21日

レスキュードッグ・ストーリーズ

南アルプス山岳救助隊K−9
樋口明雄 著
装画・挿絵 つがおか一孝

<内容>
山岳救助犬を伴う南アルプス山岳救助隊K−9の活躍を描いた山岳短編小説。

「第1話 遺書」「第2話 山の嫌われ者」「第3話 青天の霹靂」
「第4話 神の鳥」「第5話 霧の中に・・・」「第6話 帰ってきた男」
「第7話 父の山」「第8話 サバイバーズ・ギルド」「第9話 辞表」
「第10話 向かい風ふたたび」「第11話 相棒」「特別収録 夏の終わりに」の12編を収録。

<感想>
北岳登頂56回を悲願とする77歳の老人の話、『約束の地』の環境省ワイルドライフ・パトロール・シリーズとのコラボレーション、サバイバーズ・ギルト(生存者の罪悪)の話など、山岳救助活動や犬との交流、親子の絆を描いた面白い山岳小説だと思う。
しかし、話が短すぎる。綺麗に纏まり過ぎて物足りなさが残るな。
満足度 2.gif



人気ブログランキング

『ドッグテールズ』 ボストン・テラン『その犬の歩むところ』 モー・ヘイダー『虎狼』



人気ブログランキング
posted by ももた at 09:29| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

読んだ本の紹介と感想、評価を書きました。