2017年07月04日

ドッグテールズ

樋口明雄 著
装画 加藤健介

<内容>
人間と犬との出会いと別れを描いた短編集。
「グッドバイ」「バックパッカー」「疾風」「遠吠え」「向かい風」を収録。

<感想>
「グッドバイ」は、ペットロスを乗り越えた夫婦の話。読後感がとても良く、心に沁みる素敵なお話だった。
「バックパッカー」は、なけなしの生活用品一式を背負って徒歩旅行する無職の男の話。「歩くという行為は、心の浄化になる」という一文に共感した。
そして「疾風」は、老猟師と猟犬の深い絆を描いており、野犬の群れ描いた「遠吠え」と共に、人間の身勝手さを浮き彫りにしている。切ない話だったな。
最後の「向かい風」は、災害救助犬のハンドラーの再生と遭難救助活動を描いた感動的なお話。舞台が奥秩父の瑞牆山なので興味深く読んだ。
どれも短編とはいえ、背景や人物像がしっかり描かれている。長編に見劣りしない読み応えがあり、読了後、静かな余韻に包まれた。犬と人間の触れ合いは心を癒されるなぁ。他の作品も読んでみたいと思った。
満足度 5.gif



人気ブログランキング

井上こみち『災害救助犬レイラ』  スザンナ・チャールソン『災害救助犬ものがたり』
   

桜林美佐『ありがとう、金剛丸 星になった小さな自衛隊員』  スコット・シールズ『救助犬ベア』
   


人気ブログランキング
posted by ももた at 09:18| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

読んだ本の紹介と感想、評価を書きました。