2011年05月30日

インディアン・サマー騒動記

沢村浩輔著              人気ブログランキングへ

<内容>
大学生佐倉を主人公にした連作短編集。
「夜の床屋」「空飛ぶ絨毯」「ドッペルゲンガーを捜しにいこう」「葡萄荘のミラージュT」「葡萄荘のミラージュU」「『眠り姫』を売る男」「エピローグ」の7編を収録したミステリ。

<感想>
舞台装置は立派だが、内容に乏しい芝居を見せられた気がする小説だった。面白そうな気配はするのに肩透かしをされ、気持ちの落とし所が見つからない。嗜好に合わない作品と云ってしまえばそれまでだが、意外に主人公のキャラクターが好みなので、少し残念に思った。

満足度 2.gif



人気ブログランキングへ
posted by ももた at 07:49| 東京 ☔| Comment(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

読んだ本の紹介と感想、評価を書きました。