2023年05月26日

探偵は田園をゆく

シングルマザー探偵の事件日誌 A
深町秋生 著

<あらすじ>
元警官のシングルマザー・椎名留美は、山形市に10歳の娘・知愛と2人で暮らし、探偵業を営んでいる。
しかし、万引き犯を捕まえる店内保安員、さくらんぼの収穫や稲刈り、独居老人の部屋掃除や雪搔き、デリヘル嬢の臨時送迎ドライバーなど、実態は便利屋だった。
そんなある日、ラブホテルの従業員・橋立和喜子から、5日前に姿を消した29歳のひとり息子・翼の捜索を依頼された。
和喜子は地元県議の後援会の会員だった。そのコネで息子を市の第3セクターであるコミュニティラジオ局に就職させた。
翼の部屋を調べた留美は、市が子育て支援の一環として無料配布しているすこやかパッケージを発見する。借金を抱えていた翼は、これが大金になると話していた。
やがて、地域に密着した慈善活動で知名度を上げ、市の目玉政策であるすこやかパッケージを開発して、市議会への進出も噂されているシングルマザー・吉中奈央に辿り着くが・・・

<感想>
便利屋の合間に探偵として働いている、タフなシングルマザーの活躍を描く長編である。地方経済と政商、元ヤンキーや元ヤクザと風俗従事者、主人公の婚家と実家のエピソードなどを絡め、面白く読ませる。
しかし、短絡的な人たちが多くて呆れた。橋立和喜子の言動にも矛盾を感じた。真相の意外性はあるけれど、期待外れだったな。
満足度 2.gif



人気ブログランキング
『アオサギの娘』 『特捜部Q―カールの罪状』
   


人気ブログランキング
posted by ももた at 09:14| 東京 ☀| Comment(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月23日

MEMORY メモリー


人気ブログランキング
監督 マーティン・キャンベル
出演 リーアム・ニーソン ガイ・ピアース
タジ・アトウォル レイ・スティーブンソン
ハロルド・トレス モニカ・ベルッチ

<あらすじ>
完璧な殺し屋として裏社会でその名を馳せてきたアレックスは、アルツハイマーを発症し、任務の詳細を覚えられなくなった。引退を決意し、これが最後と決めた仕事を引き受ける。
ところが、ターゲットは少女だった。アレックスは、「子供だけは守る」という唯一の信念を貫くため、契約を破棄する。
しかし少女は、FBI捜査官ヴィンセント・セラが人身売買組織を暴くために保護した証人だった。少女は別の殺し屋に殺されてしまう。そしてアレックスも命を狙われる。
アレックスは怒りに震え、財閥や大富豪を顧客とする巨大な人身売買組織に挑むが・・・

<感想>
アルツハイマーの薬を服用して巨悪と対決する老いた殺し屋を、リーアム・ニーソンが熱演している。
そしてFBI特別捜査班が解散しても諦めない3人の捜査官、ヴィンセント・セラとリンダとマルケスをしっかり描いており、スクリーンから目が離せない。
金のかかった派手なアクションシーンはないが、凄く面白いクライム・アクション映画だと思う。
満足度 4.gif



人気ブログランキング
アンデシュ・ルースルンド『三年間の陥穽』 C・J・ボックス『熱砂の果て』
 


人気ブログランキング
posted by ももた at 08:34| 東京 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月19日

警視の慟哭

キンケイド&ジェマ・シリーズ P
デボラ・クロンビー 著
西田佳子 訳 「GARDEN OF LAMENTATIONS」

<あらすじ>
ロンドンの高級住宅街ノティング・ヒル。5月のとある土曜日の早朝、外部の人は自由に入れない住民共有の庭園で、白いドレスを着た若い女性の遺体が発見された。
遺体の身元は、キンケイド夫妻の友人マッケンジーがやっているカタログ通販のモデルで、広告会社を経営しているニータ・キュージック家の住み込みシッターもしていたリーガン・キーティング24歳だった。解剖の結果、リーガンは他殺と断定された。
個人的な関わりのあるジェマは、この事件の捜査協力を要請される。
一方、警視庁から所轄署へ異動させられたキンケイド警視は、独自に警察内部の腐敗を暴こうとしていた。この隠し事のせいで、ダンカンとジェマ夫婦の信頼関係がぎくしゃくしている。
そんな中ダンカンは、元上司で長期休暇から復職したばかりのデニス・チャイルズ警視正から、余計な事に首を突っ込むなと警告された。その直後、チャイルズ警視正が何者かに襲われ、瀕死の重傷を負った。
そして、セント・パンクラス駅で白リン手榴弾を爆発させたグループに潜入していたライアン・マーシュが、2か月前に自殺していた。ダンカンは、デニスの襲撃事件とライアンの死が繋がっていると睨む。家族の身に危険が及ぶことを恐れつつも、法医学者ラシード・カリームを巻き込んで真相を追うが・・・

<感想>
『警視の挑戦』から続いていた陰謀の黒幕が明らかになる。正直で正義感の強い女性の殺害事件と警察内部の闇を描いた、面白い警察小説だと思う。
しかし、キンケイドとジェマの事件が繋がることはない。豪華2本立てなのだ。そして公安課の潜入捜査員が絡むスパイ小説風でもあり、キンケイドとジェマ、それぞれの部下であるダグとメロディ、ジェマの親友ヘイゼルの私生活など、登場人物たちのドラマが相まって面白く読ませる。続編が楽しみなシリーズ物だと思う。
満足度 4.gif



人気ブログランキング
『警視の挑戦』 『警視の哀歌』 『警視の謀略』
  


人気ブログランキング
posted by ももた at 10:42| 東京 ☁| Comment(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読んだ本の紹介と感想、評価を書きました。