2022年08月31日

戦争は女の顔をしていない 1

スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ 原作
小梅けいと 画
清水螺旋人 監修

<内容>
ノーベル賞作家スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチの『戦争は女の顔をしていない』を漫画化したもの。

「第1話 従軍洗濯部隊政治部長代理ワレンチーナ・クジミニチナ・ブラチコワ・ボルシチェフスカ中尉の話」
「第2話 軍医エフロシーニヤ・グリゴリエヴナ・ブレウス大尉の話」
「第3話 狙撃兵クラヴヂヤ・グリゴリエヴナ・クローヒナ上級軍曹とマリヤ・イワーノヴナ・モローゾワ(イワーヌシュキナ)兵長の話」
「第4話 衛生指導員マリヤ・ペトローヴナ・スミルノワと看護婦アンナ・イワーノヴナ・ベリャイの話」
「第5話 高射砲兵クララ・セミョーノヴナ・チーホノヴィチ軍曹と通信兵マリヤ・セミョーノヴナ・カリベルダ軍曹、斥候リュボーフィ・イワーノヴナ・オスモロフスカヤ二等兵の話」
「第6話 一等飛行士アントニーナ・グリゴリエヴナ・ボンダレワ中尉と航空隊クラヴジヤ・イワーノヴナ・テレホワ大尉の話」
「第7話 書記エレーナ・ヴィレンスカヤ軍曹と、機関士マリヤ・アレクサンドロヴナ・アレストワ、射撃手ローラ・アフメートワ二等兵の話」

<感想>
ロシアでは大祖国戦争と呼ばれる第二次世界大戦の独ソ戦(1941〜1945)を描いており、彼女たちは祖国防衛のために立ち上がった志願兵だった。
第1話は、1941年キエフの孤児院から始まる。そこにはスペイン市民戦争の1937年にソ連へ連れてこられた子供たちがいた。成長したらロシア兵にされるのかな。そして洗濯部隊の女の子たちはみなベラルーシとウクライナから来ていた。
戦争が終わったとき、ワレンチーナ・ブラチコワは、ドイツの村の縫製工場に残っていたミシンを彼女たちにプレゼントしたそうだ。
ソ連軍は満州でも、膨大な賠償金の支払いのために日本が無傷で温存した施設や設備を取り外し、ごっそり持ち去った。そして2022年、ウクライナでもロシア軍兵士は同じことをやっている。この国の本質って変わらないな。
第2話は、1941年ミンスク市の姉妹2人の別れから始まる。ドイツに進軍したとき、ある村の女性2人が戦争なんかないみたいに庭でコーヒーを飲んでいるのを見て、ベラルーシはすっかり荒廃してみんな草を食べているのにと怒っていた。
現在ウクライナは、国の存亡をかけてロシアと戦っている。ミサイル攻撃にさらされているウクライナ人も、戦争なんかないみたいに暮らしているロシア人に対して同じ気持ちだろうな。
第3話は2人1組で働く狙撃兵の話。ウクライナの村で焼け焦げた味方の死体を見てからは、ドイツ兵をいくら殺しても哀れみの気持ちは起きなかったそうだ。
第4話は、戦火をくぐって負傷者を救う話。第5話から第7話は、女が兵士であることの不都合を描いている。
原作は、従軍した元女性将兵たちへのインタビュー集とのこと。読んでみたいと思った。
満足度 3.gif



人気ブログランキング
『戦争は女の顔をしていない』  『ボタン穴から見た戦争』
   


人気ブログランキング
posted by ももた at 09:01| 東京 🌁| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月30日

ファイナル・ツイスト

懸賞金ハンター探偵コルター・ショウ・シリーズ B
ジェフリー・ディーヴァー 著
池田真紀子 訳 「THE FINAL TWIST」

<あらすじ>
懸賞金ハンター探偵コルター・ショウは、非業の死を遂げた父アシュトンの遺志を継ぎ、民間諜報会社ブラックブリッジの闇を追っていた。サンフランシスコに戻り、アシュトンがかつて作戦本部として使っていた隠れ家を拠点として、事故死したブラックブリッジの社員エイモス・ゴールが社外に持ち出して隠した極秘文書を探す。
手掛かりを追っていくと、ブラックブリッジの運営本部はスタンフォード商学図書館の会員専用エリアだった。ショウは正体を見破られ、撃たれようとしているところを、長らく音信不通の6歳違いの兄ラッセルに救われた。ラッセルは父から隠れ家の鍵をもらっていて、ときおり仕事で使っていたのだ。
兄と別れた後、懸賞金ビジネスが舞い込む。ショウは調査を中断して、シングルマザーの娘テッシー・ヴァスケスを捜す。
そんなときラッセルが現れ、緊急事態が発生したと告げる。ブラックブリッジが、SPと言うイニシャルの男とその家族の殺害指令を出していたのだ。それを阻止すべく、ラッセルとコルターは協力する。そして、テッシーの捜索にラッセルを巻き込む。
今やブラックブリッジを倒すことは、ショウ兄弟の使命となった・・・

<感想>
ラッセルが家族の前から消え、その後消息を絶った理由が明らかになる。一緒にサバイバル訓練を受けて育った兄弟でやる初めての仕事を描いており、父とその仲間の命を奪ったブラックブリッジ打倒作戦、「エンドゲーム・サンクション」と言うコードネームがつけられた100年前の謎の文書探し競争とその争奪戦、子会社の王の異名を持つ巨大国際企業CEOの野望、ショウ一家のサバイバルなど、とても面白いアクション小説だと思う。
そして、終わり方が良い。少し感動したな。シリーズ4作目『Hunting』が楽しみだ。
満足度 4.gif



人気ブログランキング
リー・チャイルド『奪還』  フレデリック・フォーサイス『ザ・フォックス』
  


人気ブログランキング
posted by ももた at 08:43| 東京 🌁| Comment(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月26日

偽りの眼

カリン・スローター 著
鈴木美朋 訳 「False Witness」

<あらすじ>
2021年春、新型コロナウイルス感染症によるパンデミック下のアトランタ。
大手法律事務所に勤める刑事弁護士リー・コリアーは、経営者コール・ブラッドリーに呼び出され、レイプ事件で起訴された大企業の御曹司アンドルー・テナントの弁護を命じられた。犯行を裏付ける複数の証拠が揃い、類似事件の犯行も疑われるなか、アンドルーは無罪を主張していた。クライアントはリーを名指ししているが、彼女に心当たりはない。
ところがアンドルーは、23年前、彼女と妹キャリーがベビーシッターをしたトレヴァー・ワレスキーだった。父親バディが失踪した後、母親リンダは実家へ戻り、家業を継いだ。そのときトレヴァーは改名していたのだ。
リーとキャリーは治安の悪い地区の母子家庭で育った。母親フィルに虐待されていた不良少女で、リーは少年院に入ったこともある。
揉み合いになってバディを殺してしまったと、キャリーが電話してきたとき、リーは大学に入学するための荷造りをしていた。急遽ワレスキー家に駆けつけ、証拠を消し、隠蔽工作をして、バディが不正行為で得た金を横取りした。その間トレヴァーは、父親が飲ませた薬が効いて死んだように眠っていた。
その後リーは必死に努力して、優しい夫ウォルターと愛娘マディとの掛け替えのない生活を掴んだ。人は環境を乗り越え、悪循環を断ち切ることができると信じていた。
しかしキャリーは、立ち直れなかった。薬物依存を繰り返し、今や住所不定の37歳のジャンキーになっていた。そしてリーは、父親の死の真相を知っているかのような、アンドルーの言動に怯えていた。
そこで姉妹は、23年前のバディ殺しを検証して行き、当時は見逃していたビデオの存在を掴む。
そんな中、日曜学校の教師ルビー・へイヤーが襲われ、猟奇的な手口で殺害された。被害者は、リーのママ友だった。
サディスティックな連続レイプ犯アンドルーは、リーの私生活をめちゃくちゃにしようとしていた・・・

<感想>
葬った筈の23年前の悪夢が蘇る。姉妹は再び封印することができるのか。そしてサディスティックな連続レイプ魔を追い詰めることができるのか。ジェットコースターようにスリリングな、そそられる展開になっており、読み始めたら止められない。
固い絆で結ばれた4歳違いの姉妹とアンドルーの攻防、リーとアンドルーの心理戦、アンドルーの周到な計画など、サスペンスフルだ。
そして、レイプ被害者の事情聴取、自滅行為に執着しているリーのサバイバル術、ジャンキーの心理状態も興味深い。
また、話が進むに連れ、新たな事実が次々と明らかになり、驚愕する。凄く面白いサスペンス小説だと思う。
満足度 5.gif

   


人気ブログランキング
『静寂のララバイ』 『魔術師の匣』
   


人気ブログランキング
posted by ももた at 09:19| 東京 ☁| Comment(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読んだ本の紹介と感想、評価を書きました。