2023年01月27日

炎の爪痕

ジミー・ペレス警部シリーズ G 完結編
アン・クリーヴス 著
玉木亨 訳 「WILD FIRE」
カバーイラスト 松田真由美

<あらすじ>
英国シェトランド本島の北側にある集落デルタネス。
ロンドンから家族と共に移住してきたヘレナ・フレミングは、農場の前の持ち主デニス・ギアが納屋で首吊り自殺して以来、誰かが家に侵入して奇妙な絵が描かれている紙片を残していくことに悩まされていた。
また、建築家の夫ダニエルは鬱病を抱えており、11歳の息子クリストファーは自閉症スペクトラム障害だった。フレミング一家は、地元住民の悪意ある噂話の標的になっていた。
そこでヘレナは、非番のペレス警部の家を訪ねて非公式に相談する。
その翌日、クリストファーが、納屋で若い女性の首吊り死体を発見した。
現場の光景は、家に匿名で届けられた絵にそっくりだった。首吊り死体は、ロバート・モンクリーフ医師一家の住み込みの子守りエマ・シアラーだった。
首吊り死体発見直後に現場に駆け付けたペレスは、自殺に見せかけた他殺だと確信する。インヴァネス署の主任警部ウィロー・リーヴズに来てもらい、部下のサンディ・ウィルソン刑事と共に捜査に当たるが・・・

<感想>
ペレスたちが捜査するのは、暴力に付き纏われていた若い女性と、嫉妬や妬みから逃れられなかった中高年女性の殺害事件。被害者と加害者と事件関係者の家族の問題が明らかになって行く。シェトランド諸島の風土と登場人物たちの心理を丁寧に描いており、味わい深く読み応えがあった。
巧妙なプロットと伏線が相まって、凄く面白い本格的な英国ミステリだと思う。
そして本書は、CWA最優秀長編賞受賞作『大鴉の啼く冬』から始まった本格ミステリ・シリーズの最終巻である。当初は、画家フラン・ハンターが主人公だった。それが第4作目で殺害されてしまい、衝撃を受けた。本書でもそのことに言及しているが、完結してみれば、しっかりジミー・ペレス警部シリーズになっている。その人間ドラマも面白いシリーズ物だと思う。シリーズ完結は残念でならない。
満足度 5.gif



人気ブログランキング
『軋み』   『ゴールドマン家の悲劇』
  


人気ブログランキング
posted by ももた at 10:44| 東京 ☀| Comment(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月25日

日本全国お雑煮レシピ

地元に行って、作って食べた
お雑煮研究家・粕谷浩子 著

<内容>
「お雑煮ワールドにハマってしまうわけ/お雑煮とは/全国お雑煮MAP」

Part1 基本のお雑煮レシピ お雑煮の基本 コラム(東京 日野 土方歳三の雑煮)/まるまるさんかくしかく♪/ご当地野菜/だし文化炸裂! コラム(お餅のカタチ分岐点・もち米作り押しかけ農業体験記・好みのもち米を発見しよう!)」

Part2 変わりダネのお雑煮レシピ 変わりダネ雑煮 コラム(お雑煮話から始まる物語)/THEシンプル雑煮!/おみそなお雑煮/スイーツなお雑煮 コラム(粕谷のナンパスタイル)」

Part3 具材が特徴的なお雑煮レシピ 漁師町のお雑煮/具だくさん!ぜいたく雑煮/お肉が主役のお雑煮 コラム(ジビエ料理!?鴨肉雑煮)/ご当地練り物雑煮/あん餅雑煮さまざま」

<感想>
今年はホームベーカリーで作った餅を雑煮にして食べた。案外おいしくて、正月に食べる料理だけど休日のメニューに入れようと思った。
本書でも餅が入った汁物をお雑煮と定義している。日本全国を見渡せば、餅の形状や出汁の種類だけでなく、味付けや具材の内容もバラエティーに富んでいて勉強になった。そしてコラムも面白い。全ページカラーなので見るだけでも楽しい本だと思う。
満足度 3.gif



人気ブログランキング
『まいにち豆腐レシピ』  『まいにち生姜レシピ』
      


人気ブログランキング
posted by ももた at 09:17| 東京 ☀| Comment(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月23日

ダーク・アワーズ

ハリー・ボッシュ・シリーズ ㉔
(バラード&ボッシュ物 B)

マイクル・コナリー 著
古沢嘉通 訳 「THE DARK HOURS」

<あらすじ>
2020年12月、ロサンジェルス。ハリウッド分署深夜勤務担当刑事レイネ・バラードは、感謝祭の夜とクリスマス・イブに発生した自宅侵入レイプ事件を解決すべく、2人組の連続暴行犯(ミッドナイト・メン)を追っていた。
大晦日恒例のロス市警署員総動員での警戒体制の一環として、高架交差路の下で待機していたとき、発砲事件が発生する。
事件現場は、新年を祝うパーティーが行なわれていた自動車修理店のレッカー車置き場。参加者の一部が年越しのカウントダウンの後で銃を空に向かって撃ったタイミングに合わせて、オーナーであるハビエル・ラファが後頭部を至近距離から射撃されて死んだ。ラファは大金を払って足を洗った元ギャングだった。
殺害に使用された薬莢を調べたところ、10年前の未解決事件で同じ銃が使われていた。ロス市警本部の強盗殺人課が担当した事件であり、捜査責任者は現役時代のハリー・ボッシュだった。バラードは、またしてもボッシュと関わることになる。
一方、ミッドナイト・メンも同夜に3件目の自宅侵入レイプ事件を起こしていた。バラードはボッシュの協力を得て、両方の事件を追うが・・・

<感想>
ブラック・ライヴズ・マター運動(黒人の命を軽視するな)の逆風とコロナ禍を背景に、ボスとの内部抗争に敗れて夜勤に追放された刑事レイネ・バラードの奮闘を描いており、凄く面白い警察小説だと思う。
射殺事件が多重殺人事件へ発展して行き、バラードは容疑者の身元を突き止めたものの、捜査から外される。そして自宅侵入レイプ事件では同僚に足を引っ張られ、バラードは窮地に追い込まれる。ボッシュはサポートするだけだった。
ボッシュはある事件で被爆して、12年後に白血病になった。薬を服用して進行を食い止めている。本文中、このことについて2度も触れていて気になった。訳者あとがきによれば、次作『Desert Star』は本書の直接の続編で、衝撃的な内容らしい。待ち遠しくてならない。
満足度 4.gif

   


人気ブログランキング
ラーシュ・ケプレル『鏡の男』
   

カリン・スローター 『忘れられた少女』
   


人気ブログランキング
posted by ももた at 09:12| 東京 ☁| Comment(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月20日

1945わたしの満洲脱出記─普及版 かみかぜよ、何処に

(『かみかぜよ、何処に 私の遺言 満州開拓団一家引き揚げ記』)
稲毛幸子 著

<内容>
昭和20年8月9日、ソ連軍の参戦によって満洲、北朝鮮にいた日本人の運命は一気に暗転した。
大正生まれ99歳の女性が、満洲引揚者の生き残りとして、当時を赤裸々に語る悲惨な体験談。

はじめに/北満の北安/ソ連の宣戦布告/露兵がやってきた/舞う注射針/女露兵現る/腕時計と露兵の知性/婦女暴行と拉致/隣家の悲劇/終戦/顔に味噌を塗る/北安脱出/新京行きの車内で/大都市・新京/「死の収容所」で見た風景/三人の全裸の兵隊/新京での新生活/真田虫/娘たちに命を救われる/西陣織の袋帯/射殺/劇薬との闘い/「マンマ、マンマ」/母の言葉/阿片との葛藤/生き抜くための名案/新京の冬/濁酒の販売を始める/新京市街戦/神風よ、いずこに/引き揚げ開始/病院船の中で/日本上陸/おわりに

<感想>
敗戦国の日本人は、ソ連兵、満洲人、朝鮮人による度重なる略奪、レイプ、子供の拉致など、どんな災難や障害に遭おうとも生き抜くために耐えなければいけなかった。著者は戦争を知らない世代のために、思い出したくないであろう辛い体験を語っている。
「戦争の恐ろしさはもちろんですが、その敗戦後に受ける痛手がどんなに悲惨なものであるか、それだけは決して風化させてはならない」同感だ。
日本人はこの負の遺産と教訓を語り継いで行かなければならない。その責務こそが反戦に繋がると思った。
そして77年後、ロシア兵はウクライナでも全く同じことをやっている。これは戦争の狂気というよりも野蛮な国民性なのだろうか。恐ろしい国だな。
満足度 5.gif

 


人気ブログランキング
ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ
『竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記』


藤原てい『流れる星は生きている』 


平井美帆『ソ連兵へ差し出された娘たち』 小柳ちひろ『女たちのシベリア抑留』
   


人気ブログランキング
posted by ももた at 09:02| 東京 ☁| Comment(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月18日

犬を盗む

佐藤青南 著
装画 伊藤彰剛

<あらすじ>
東京都世田谷区の高級住宅地で、独り暮らしの老女・木戸タカ子が殺害された。
被害者自ら家に招き入れたと思われる犯人は、財布から現金を抜き出し、通帳やキャッシュカードを持ち去っていた。家のあちこちに飼い犬の痕跡があるが、被害者の愛犬は1年前に死んでいた。被害者の家は世田谷区に多くの不動産を所有する資産家一族の本家だったが、気難しい性格のタカ子は夫が死んでから親族と疎遠になっており、近隣住民との交流もなかった。
犬嫌いの刑事・植村光太郎とその相棒である青年刑事・下山正大は、顔見知りの犯行と睨み、犬を媒介にした友人関係を洗う。
捜査を進めると、愛犬を亡くした木戸タカ子は、多頭飼育崩壊した男から先代犬と同じ犬種のチワワを盗んでいた。
一方、借金取りに追われているフリーライター・鶴崎猛は、スクープをモノにするためコンビニで深夜勤務のアルバイトを始めた。
同じシフトで働く松本博巳は、未成年のとき両親と飼い犬を金属バットで殴り殺した周防彰史だった。
独占インタビューを取りたい鶴崎は、彼が保護所からチワワを引き取りシロと名付けて飼い始めたと知り、強引に犬の散歩を買って出る。そしてトイプードルを飼っているミステリ作家の小野寺真希と出会い、シロの飼い主が松本だと教えた。
真希はシロに見覚えがあり、飼い主も知っていた。シロは盗まれた犬だと確信し、彼らのバイト先であるコンビニへ行くと、周防彰史が松本と名前を変えて働いていた。義憤に駆られた真希は、インターネットの日本猟奇事件マップの掲示板に「周防が都内のコンビニで働いているのを見た」と投稿してしまう。
しかし鶴崎は、4か月近く潜入調査をしていくうち、周防彰史は無実ではないかと思い始めていた・・・

<感想>
資産家老女殺人事件が放火事件へ発展して行く。
愛犬家と人間の多面性を描いており、多頭飼育崩壊と保護犬、16年前の金属バット殴殺事件の真実、真犯人の意外性などが相まって、とても面白いミステリだと思う。
そして、因果応報という言葉がぴったりな決着だと思った。
満足度 3.gif



人気ブログランキング
川瀬七緒『四日間家族』秋吉理香子『終活中毒』寺地はるな『カレーの時間』
  


人気ブログランキング
posted by ももた at 09:44| 東京 ☁| Comment(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月16日

グッゲンハイムの謎

スパーク姉弟シリーズ A
シヴォーン・ダウド 原案
ロビン・スティーヴンス 著
越前敏弥 訳 「The Guggenheim Mystery」
装画 船津真琴

<あらすじ>
夏休み中の8月8日、スパーク姉弟とその母フェイスは、グッゲンハイム美術館に勤務するグロリアとその息子サリムに会うため、ニューヨークを訪れた。
翌日、改装中のグッゲンハイム美術館に特別に入館さてもらう。館内を見学していると、突然、白くて濃い煙が立ち上り、火災警報が鳴った。館内にいる者は大急ぎで美術館の外に避難したが、火事は見せかけで、その間にカンディンスキーの名画〈黒い正方形のなかに〉が盗まれていた。そして犯人だと疑われたグロリアが逮捕されてしまう。
スパーク姉弟とサリムは、グロリアの無実を証明するため、盗まれた絵と真犯人を探すが・・・

<感想>
主人公であり探偵役でもある12歳のテッドは、他の人とは違う不思議な頭脳(訳者によればアスペルガー症候群とのこと。)を持つ少年。前作『ロンドン・アイの謎』のときは、姉のカットと二人三脚で事件を解決したが、本作では姉弟と従兄が力を合わせて謎解きに挑んでいる。
3人はニューヨーク中を冒険して、仮説をひとつずつ消していき、真実を推理して、見事に事件を解決するのだ。前作同様にテッド少年の博識も面白く、とても楽しい青春ミステリだと思う。
満足度 5.gif



人気ブログランキング
テス・シャープ『詐欺師はもう嘘をつかない』エリー・グリフィス 『窓辺の愛書家』
   


人気ブログランキング
posted by ももた at 08:55| 東京 ☔| Comment(0) | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月12日

木曜殺人クラブ 二度死んだ男

木曜殺人クラブ・シリーズ A
リチャード・オスマン 著
羽田詩津子 訳 「THE MAN WHO DIED TWICE」
装画 千海博美

<あらすじ>
イギリスの郊外にある引退者用高級施設クーパーズ・チェイス。この豪華で静かで平穏な施設には、毎週木曜日に会合を開き、探偵の真似事を楽しんでいる老人グループ、〈木曜殺人クラブ〉があった。メンバーは、クラブの中核であるエリザベス・ベスト、元看護師のジョイス・メドウクロフト、有名な労働組合のリーダーだったロン・リッチー、引退した精神科医イブラヒム・アリフ。
晩秋のある日、エリザベスは死んだ男からの招待状を貰う。熟考した挙句、その男が暮らしているという14号室を訪ねた。
すると、エリザベスの元夫で英国の諜報員でもあるダグラス・ミドルミスがいた。ダグラスは調査対象者の屋敷から2千万ポンド相当のダイヤを盗み、米国マフィアとコロンビアのドラッグカルテルに追われていた。警護官付きでクーパーズ・チェイスに潜伏しているが、エリザベスに身辺警護を頼む。
一方、ドナ・デ・フレイタス巡査とその上司であるクリス・ハドソン主任警部は、地元の新しいドラッグ女王コニー・ジョンソンの商売の全貌を掴んで一網打尽にすべく、証拠収集をしていた。
そんなとき、イブラヒムが路上強盗に遭遇して大怪我を負う。容疑者は直ぐに挙がったものの、証拠不十分で保釈された。エリザベスたちは、イブラヒムの強盗傷害事件を解決すべく立ち上がる。
やがてクラブのメンバーたちは、スパイと凶悪な犯罪者たちが絡む大事件に巻き込まれて行く・・・

<感想>
何ともまぁ、パワフルな老人たちである。話が噛み合わなくても会話が成立していて笑える。
彼らはどんな時も忖度しない。どんな場面でも物怖じしないし、犯罪組織の大物と渡り合い、脅し文句にも屈しない。怖いものなしだ。
そして仲間が酷い目に遭わされたら、少年でもきっちりと落とし前をつけさせる。
また、新しいことにも挑戦し、しっかり手掛かりを得ている。ユーモア満載のうえ、伏線も巧妙だ。
ドナとクリスの私生活、消えたダイヤの謎、犯罪シンジケートとドラッグディーラーを一網打尽にする凄い計画、どんでん返しなどが相まって痛快な長編ミステリだと思う。
本作でエリザベスがMI5(英国情報局保安部)の優秀な諜報員だったと明かされる。第3作『Bullet That Missed』が楽しみだな。
満足度 4.gif



人気ブログランキング
M・C・ビートン『ゴシップ屋の死』エリザベート・ヘルマン 『最終法廷:』
   


人気ブログランキング
posted by ももた at 09:19| 東京 ☀| Comment(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月10日

日本人が行けない日本領土

山本皓一 著

<内容>
「はじめに」「日本の国境地図」
「第1部 北方領土(択捉島・国後島)/対談:鈴木宗男(衆議院議員)×山本皓一/北方領土データ」
「第2部 竹島/対談:澄田信義(前島根県知事)×山本皓一/竹島データ」「写真で見る国境の島々」
「特別対談:安倍晋三×山本皓一」
「第3部 尖閣諸島/鼎談:小西理(前衆議院議員)×谷本龍哉(衆議院議員)×山本皓一/尖閣諸島データ」
「第4部 南鳥島・沖ノ鳥島/対談:山田吉彦(日本財団・情報グループ広報チームリーダー)×山本皓一/南鳥島・沖ノ鳥島データ」

<感想>
領土問題となっている島のことを現地ルポと写真で知ることができ、勉強になった。
また、対談や鼎談も熱い思いを感じることができ、良かった。
しかし、本書の発行は2007年、少し内容が古いかな。
満足度 3.gif



人気ブログランキング
『日本人がもっと好きになる尖閣諸島10の物語』 『マイナス50℃の世界』
   


人気ブログランキング
posted by ももた at 08:59| 東京 ☀| Comment(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月05日

このやさしき大地

ウィリアム・ケント・クルーガー 著
宇佐川晶子 訳 「This Tender Land」
装画 草野碧

<あらすじ>
1932年夏、アメリカの中西部ミネソタ州フリモント郡。
12歳のアルバートと8歳のオディ兄弟は、密造酒を販売していた父親が銃殺された後、ネイティヴアメリカンの子供たちが集団生活を送るリンカーン教護院に引き取られた。生まれつき耳が聞こえなかった母は、2年前に亡くなっていた。
白人はオバニオン兄弟だけという環境で4年間暮らしてきたが、オディは新入りの時から黒い魔女と仇名されるセルマ・ブリックマン院長に目を付けられ、児童虐待が常態化している生活に嫌気がさしていた。
そんなある日、反抗心の塊となっていたオディが、子供たちに良からぬことをするので悪名高い職員ディマルコを殺してしまう。
教護院にいられなくなった兄弟は、院長夫妻の金庫から金、書類、革綴じの本、紐で絡げた手紙の束、銃を持ち出し、親友で口がきけないスー族のモーズ、竜巻で母親を失い孤児になったばかりの6歳の少女エミーと共に脱走する。
4人はエミーの父のカヌーに乗って、兄弟の叔母ジュリアが住んでいるミズーリ州セントルイスを目指すが・・・

<感想>
カヌーで川を放浪する少年たちのひと夏の冒険と成長を描いた、感動的な長編小説だと思う。
少年たちの逃走劇の背景にあるのは、禁酒法と密造酒の販売、ウォール街の大暴落ブラック・フライデーと大恐慌、リンドバーグ愛児誘拐殺人事件とリンドバーグ法(複数の州に跨る誘拐犯行を連邦犯罪として取り締まる法律)、原住民族の迫害というアメリカの黒歴史、人種差別や偏見が当たり前に存在する当時の社会状況。
登場人物たちの辛い生い立ちや過去、母語を禁じられて強制労働もあるリンカーン教護院での生活、手話ができる兄弟と自分の素性が判らないモーズの絆、オディの恋とスー族の悲劇、出会いと別れなどが相まって面白く読ませる。
そして面倒な厄介ごとを起こすのは、いつもオディ。キリスト教神癒伝道団の巡回生活や大恐慌による絶望が渦巻く寄せ集めの村などで安息の場所を見つけても、黒い魔女が執拗に追って来る。気が抜けない展開になっており、終盤には想定外の新事実が明らかになる。伏線の妙味に脱帽した。
しかし宗教色が濃く、神様の奇蹟とか特殊能力は苦手だな。神を信じられなくても、責任感の強いアルバートは愛する家族や孫に恵まれて、天寿を全うして欲しかったな。
本書は『ありふれた祈り』の姉妹編とのこと。コーク・オコナー・シリーズは第7作『血の咆哮』(2007)で途絶えているが、本国では第19作『Fox Creek』(2022)が出版されたそうだ。第9作『Heaven’s Keep』(2009)で衝撃的な展開があるらしい。読みたいなぁ。
満足度 4.gif



人気ブログランキング
『ありふれた祈り』  パオロ・コニェッティ『帰れない山』
   

ローベルト・ゼーターラー 『キオスク』 『野原』
   


人気ブログランキング
posted by ももた at 09:39| 東京 ☀| Comment(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月27日

熊と小夜鳴鳥

冬の王1(3部作)
キャサリン・アーデン 著
金原瑞人/野沢佳織 訳 「THE BEAR AND THE NIGHTINGALE」
カバーイラスト 海島千本

<あらすじ>
14世紀半ば、ルーシ北部の小さな村レスナーヤ・ゼムリャ。
領主の妻マリーナは、金袋(カリタ)と仇名されたモスクワ大公イワン1世の、不思議な妃の唯ひとりの子だった。1年が終わろうとする11月のある日、マリーナは4人の子供たちを年老いた乳母ドゥーニャに託し、末娘ワシリーサ(ワーシャ)を出産して死んだ。
姉のオリガは普通の娘で美しく従順だが、ワーシャは祖母の血筋を受け継ぎ、人には見えない精霊(チョルト)を見る特別な力を持っていた。6歳のとき、雪の降る森で道に迷い、霜の王にして冬の王でもあるマロ―スカとその双子の弟メドベードに出会う。
その後、領主ピョートル・ウラジーミロヴィチは、長男ニコライ(コーリャ)と次男アレクサンドル(サーシャ)を連れてモスクワへ旅立ち、新しい妻アンナ・イワノヴナを連れて戻った。
アンナはモスクワ大公(マリーナの腹違いの兄)の娘で、人には見えない精霊を見て悪魔と呼び、いつも怯えていた。
その年の秋、コーリャが近隣の貴族の娘と結婚して家を出た。その後、若きセルプホフ公(ウラジミール・アンドレーエヴィチ)が村を訪れ、14歳のオリガと婚礼を挙げてモスクワへ連れ帰った。サーシャは、モスクワ大公の幼い跡継ぎ王子ドミトリーを守るため、父親の反対を押し切ってこの旅に同行し、修道士セルギイの修道院に入った。そして、ピョートルとアンナの間に娘イリーナが誕生した。
日が流れ、季節も流れ、ワーシャは成長し、継母アンナを避けて7年近くの歳月が平穏に過ぎた。ワーシャは用心することを学び、あらゆる精霊と密かに親しくしていた。
ワーシャが14歳になった年、モスクワ大公国の摂政であるアレクセイ府主教は、ドミトリー王子の即位を計画する。若き司祭コンスタンチン・ニコノヴィチは大変な美貌の持ち主で、彼の描く聖画のイコンは人々を惹きつけていた。府主教は、王子の公位継承を妨げる恐れのある司祭を、僻地レスナーヤ・ゼムリャへ厄介払いする。
夏の盛りに村に到着した司祭は、悪魔を怖れるアンナの告白を聞き、村人たちの精霊信仰を厳しく禁じた。
村人たちが古いしきたりを疎かにして捧げ物を止めたため、人々を悪しきものから守っていた精霊たちの力も弱くなって行き、「食らうもの」が目覚めた。精霊たちの警告や予言は謎めいていて、ワーシャには解らなかった。
しかし冬至の頃、冬の王がワーシャを迎えに来る。娘を愛しているピョートルは、その前にワーシャを裕福な男に嫁がせようとするが、跳ねっ返りの娘は婚約者を怖気づかせて追い返してしまう。
一方、アレクサンドル修道士となったサーシャは、「タタールのくびき」から逃れるべく画策していた。ドミトリー大公がキプチャク・ハン国と戦うと決断したとき協力するよう、キリスト教徒の一族である父に使者を送るが、タタール人の包囲を恐れるピョートルは断った。
やがて厳しい冬が到来、寒さと闇の魔物が村を襲う。ワーシャはすぐ上の兄アリョーシャ(リョーシカ)に助けてもらい、魔物と戦うが・・・

<感想>
自由に自分らしく生きようとする少女の成長と奮闘を描いており、湖や森の精、家や庭の精などのキャラクターがユニークだ。
厳しい風土と農場の生活、女性軽視と偏見、恐怖で人を支配するキリスト教神父、土地に根付いている精霊信仰、当時の歴史などが相まって、凄く面白い長編ファンタジーだと思う。
そして、主人公よりもその父親が凄くカッコイイ。ピョートルは、息子を束縛しないし、進路の邪魔もしない。領主としての責務や家長の役割を重視して、彼らの保護と安全を計る。その姿勢は頑としてブレない。子供たちと魔物の間に立ちはだかり、「領地から出ていけ。」「男は自分以外の者の命を身代わりに差し出したりしない。我が子の命なら尚更だ。」と言い放つ。魔物に挑むピョートルの勇気と大きな父性愛に感動した。変わり者と陰口を叩かれても、兄妹仲が良いのも好いな。
また、舞台となるのはロシア発祥の地とされる地域。最近、ウクライナ関連の本を読み漁っているので、「タタールのくびき」や「ルーシの洗礼」など、勉強になった。続編が楽しみでならない。
満足度 5.gif



人気ブログランキング
『ボグ・チャイルド』  『影を呑んだ少女』
   


人気ブログランキング
posted by ももた at 09:21| 東京 ☀| Comment(0) | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読んだ本の紹介と感想、評価を書きました。